2020 RECRUIT

THE JOB

キタケイの人と仕事を知る

VOL.1 ベストな商品を選んで提案する営業VOL.1

近藤 克彦

膨大な建材・設備の中から
ベストな商材を選んで提案。
良い家作りは、
私の提案力がカギを握っている。

近藤 克彦
2005年入社 
大阪営業部 大阪中央営業所 ビルダー営業グループ 課長代理

住宅会社や工務店が開発する分譲戸建住宅がメインターゲット

住宅会社や工務店が開発する分譲戸建住宅がメインターゲット

キタケイの販売ルートは木材店や建材店などの一般ルートと工務店やビルダーなどの直販ルートの大きく2つに分けられます。私が所属する住宅資材部は後者の方。住宅会社や工務店が開発・建築・販売する分譲(建売)住宅が大きなマーケットです。

膨大な住宅資材や設備機器の中からベストな商品を選んで提案

膨大な住宅資材や設備機器の中からベストな商品を選んで提案

営業の大まかな内容は、まず得意先から設計図面を見せてもらい、その住宅のコンセプトや予算、間取りなどに合った建材や住宅設備機器を選んで提案します。受注後、工程スケジュールに合わせて資材を納入するというもの。特に私たち商社が大きな役割を果たしているのが商品の選択です。住宅を建築するには構造材から外装エクステリア材、内装材、住宅設備機器に至るまで膨大なアイテムと種類があり、新商品も続々と登場するなかで、どのメーカーのどの商品を選ぶかは非常に難しく、また営業センスが問われることになります。

例えばシステムキッチンを選ぶ際、国内には十数社のメーカーがあり、それぞれデザインや機能、価格は多種多様で、建築する家のコンセプト、予算、設置スペースなどあらゆる角度から検討し選ばなければなりません。システムキッチンのデザインやフローリングの色が違うだけで、その家の売れ行きが変わってくることもあるくらいです。

ユーザーに最適な住宅を得意先と一緒に創るというスタンスで営業に取り組む

ユーザーに最適な住宅を得意先と一緒に創るというスタンスで営業に取り組む

先日も新築されるお客様に対し、得意先の工務店に代わってインテリアのプレゼンテーションを行いました。内装に強いこだわりを持ったお客様で、そのイメージを満足させる建材がなかなか見つかりませんでしたが、最終的に北欧の輸入品をご提案したところ、たいへん気に入っていただきました。プロとして、膨大な住宅資材の中からお気に入りを選んで差し上げる仕事は、商社だから味わえるやり甲斐だと思いますね。

得意先にしてみれば、商品はどの業者から買っても同じ。私はこうした商品提案や情報提供、建築工事サポート等を通じて、得意先との信頼関係を構築するとともに、他社との差別化を図っています。商品を供給するだけでなく、キタケイの機能をフルに活かして得意先とともに最適な住宅を一緒に創るという気持ちで取り組んでいます。